時間帯を選ぶ

消費カロリーと時間帯

漢方薬

消費カロリーは基礎代謝を含めた一日の私たちの活動のエネルギー量を指し示すものです。とはいってもその消費カロリーが常に一定して消費しているのではなく、 運動している時間帯を選ぶことによってより効率的に消費カロリーを挙げ、 結果一日の基礎代謝量をあげることに繋げることができます。 それは朝の時間帯に運動時間を摂りいれることです。 人間は朝に活動して夜に寝るようにできています。 今の現代の私達の生活が定着したのはごく最近の事で、 人間を含めた自然界の動物はみんな朝にエネルギーを使い夜にエネルギーをためて 明日の朝に備えて眠りにつくのが定説です。 つまり朝の時間帯にエネルギーをたくさん使うということはこの時間帯に軽めの運動でもいいので軽いジョギングやウォーキング、ストレッチなどを取り入れば基礎代謝をあげて痩せる体により近づけやすくなるという結論が導き出されます。

朝に軽めの運動を

社会人や学生、そして運動する余裕のない人の場合は朝の運動は軽めの運動を取り入れるといいかと思います。それだけでも消費カロリーをあげることができますし、 運動以外の活動でも人間はかなりのエネルギーを使うことになります。 基礎代謝を効率よく上げる方法はこの消費カロリーが上がりやすい時間帯を利用して筋肉を使ったトレーニングを行い費用対効果を高めればいいので、 何も特別なことをして基礎代謝をあげることはしなくてもいいということです。 筋肉トレーニングが苦手ならヨガやストレッチなどを行うといいでしょう。 最近の研究ではストレッチなどで、リンパを刺激して内臓や組織の細部を活性化させて、基礎代謝をあげるという手法を紹介している本やネットもありますので、そういったものを活用してみるといいでしょう。 いずれにしても何度も繰り返しますが朝の時間帯に筋肉をしっかり使うということはとても大切なことだということです。